2015年10月25日

どんどん痩せていってます。

またサイトリフォームをしました。というよりCSSをちょっといじくっただけですけれど。
うん、こっちの方が見やすいかな。

会社ではいかんせん忙しい。物件の予定がどんどん詰まっていって仕事が本当に辛い。体力的に辛い。どんどん痩せていってます。
朝ごはんを食べて、お昼御飯を食べて、そのまま何も食べずに夜中の八時まで働き続けていれば、みるみる内に痩せていきます。ビリーズブートキャンプなんて目じゃないよ。メタボなんて夢のまた夢です。多分人生で今が一番痩せている時なのではないかと思ってしまうくらいに体型がスマートになっていきた。
んでもって残業代は出ません。こういった働き方がまかり通っていればそりゃ家庭なんて望めませんよ。少子高齢化が進むでしょう。こういう忙しさは一年の内の3分の一くらいだけとはいえ・・・そろそろ本気で考えるべきかもしれんなぁ・・・。
posted by 骨雄 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月12日

商業ジャーナリズム

ミランの本田の発言について、どういう反応がイタリアであるのか、発言の真意とこれまでの試合の中でどういうことがあったのか、ネットを通じて得る情報と既存メディアの流す情報とが随分と違う事が気になります。

ネットでは本田の発言の全てを載せていますが、既存メディアでは一部だけを抜粋して紹介しています。
既存メディアだけをみると本田についてネガティブな印象ばかりを受けますが、ネットでの情報をみると、本田の発言は問題発言ではあっても、建設的な意見であり、周囲は決して悪い反応ばかりではないことがわかります。

ある程度はメディアにも広告としての役割も必要でしょう。
しかし、海外で必死で頑張っている日本人の本当の姿や、彼ら彼女らを取りまく環境について真実を伝えることがそんなに商業ジャーナリズムに都合の悪い事なんでしょうか?よりネガティブに報じること、スキャンダル化することの方が視聴率を得られるからというような理由だとしたら本当に憤りを覚えます。


こういったブログ
があることが本当に有難い。感謝です。
posted by 骨雄 at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月04日

新妻聖子が遂に世間にテレビを通じて知れ渡った。

新妻聖子が遂に世間にテレビを通じて知れ渡った。大丈夫だろうか。前にMステとか出たいと本人がブログに書いていたけれど、Mステで本気出して歌ったら他の出演者との実力差が露呈してしまって、結果共演者NGだらけになってしまうんじゃないか?
冗談じゃなく、新妻聖子の歌声はそれくらいにずば抜けていると思います。
しかし・・・新妻聖子の実力が大きく変化したわけではないのに、所属事務所が変わっただけでこの扱い。
やはりこういう世界は事務所の政治力がモノをいうわけか・・・ちょっと引くわ。

なんだかんだでもう10月。今年は絶対に沢山の舞台を見に行ってやると誓ったはずなのに結局一度も行けなった。せめてライブだけでも・・・と思ったけれど、発表された日程では有給でも取らなければ行けないよ。
でもミニアルバムが発売になるとのことですし、それで今年は我慢するか。
posted by 骨雄 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2015年10月01日

人を動かす

ちょっと数日ほど会社の都合で研修に行っていました。物凄い知識量を一気に詰め込まれてげっそりです。大部分が興味ない分野でしたので本当に眠くて死にそうでした。久しぶりに学校の授業を思い出した。あの死ぬほど詰まらなくて退屈だった学校の授業。今でこそ本屋に面白くて良く出来た教科書があることを知ってから、勉強がそこそこ面白く感じてきたものの、研修で渡されたテキストは実につまらなかった。こんなもの本屋で巡り合っても絶対に買わない。

さて、最近のニュースを見ていると、なんだか年末に政治関係で一悶着ありそうな予感がします。デモとか頻繁に起こっているみたいですしね。自分としても若い人々が政治や世界情勢に関心を持つことはとても良いことだと思います。
しかし、あのデモの人たちの肝心の目的は、自分達の主張を世の中に叫ぶ事ではなく、世の人々に聞き入れてもらう事でしょう?そういった視点をブレずに持ち続けているのであれば、(主義主張の中身を置いておくとして)、今のやり方は疑問を持たざるを得ません。
昨今は誰でもネットを利用して世界中にメッセージや主張を届けられる時代です。だからこそ、それに見合う知識、見識、教養を身につけなければなりません。反対と叫ぶのは自由ですが、人の動かし方、他人の心の機微に触れるにはどうすれば効果的なのかをしっかりと計算して声を上げなければ、いずれただの思い出くらいにしかなりませんよ。
社会に出て会社に勤めれば、周りの人間との連携、コミュニケーションは不可欠です。その中で他人を動かす事が如何に難しく奥の深い事であるのか思い知らされる。どうすれば相手の琴線に響くのか、どうすれば相手に見てもらえるのか、一目置いてもらえるのか、四苦八苦しながら多くの選択をして、体験して学び、自分なりの処世術を身につけていきます。
デモをしている彼らは知識はあるのかもしれませんが、そういった人を動かす為にという点を一体どう考えているのでしょう・・・疑問です。
posted by 骨雄 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記